売買の時にご準備いただくものや書類

お家の売買の時ご準備いただく書類やモノがたくさんあります。
特に売主様はお家を売る際のお家の状況を確認するため、初めにたくさんの書類を用意して
いただくことになります。
例えば
〇登記済権利証または登記識別情報通知・登記完了証
〇購入時のパンフレット類
〇固定資産税・都市計画税納税通知書
〇実測図・境界確認書類
〇購入時の売買契約書
〇購入時の重要事項説明書
     ・
     ・
     ・
などなど。。。
聞きなれないものも多く嫌になりそうですよね・・・
不動産購入時にお取引に関係する書類は不動産屋がひとつのファイルにしてお渡ししていると
思いますので、そのファイルがみつかればたいていのものはあると思います。

契約時、決済時などには売主様も買主様も
実印や認印、身分証明書、印鑑証明書、住民票・・・などなど。

とってもたくさん用意しなくてはならず、何から手を付けたらいいのかわからなくなりますね。

ここからはじまる ではお客様にお会いした際にご準備いただくものや、これから必要になる書類や
売買にかかる諸経費について、そして、その書類やモノがなぜ必要なのかその諸経費はなんの
ためのものなのかといったことについてまとめたパンフレットをお渡ししています

ご契約時やご決済時にご準備いただくものは忘れてしまうと契約ができなかったり、物件の引き渡し
ができなくなり困ってしまいますが、お家を売る時に売主様にご用意していただく書類に関しては
できるだけご用意していただけたら不動産業者が助かります!ありがたいです!というものですので
あれがない、これがない、どうしよう・・・と悩まないでくださいね。